絵本プロジェクトのきっかけ 

大震災が起こったあと、elSOULの立ち上げメンバーの1人、今九州支部代表のてるりんこと永吉輝美から一本の電話が…
「ゆりの花が至るところで見えるんだけど、ユリ何かやるんじゃない?!」
「ん?笑。そうだね!今こそelSOULで何かやらなきゃだね!」

2003年に立ち上げてから8年。今まで、児童養護施設で音楽のイベント等を通して、少しでも愛を伝えたいと活動し続けてきた。

きっかけは、もう1人の立ち上げメンバー、亀田美奈子と行ったペルーで会ったストリートチルドレン。
彼ら達の為に何か出来ないかと思った。

でも、その時に、私達が話し合って出た答え。
海外の子供もだけど、日本の子供達はどうだろう?物には不自由していないのに、愛に飢えている日本の子供達が沢山いる。私達に出来る事をやるべきだ!

elSOULでのキーワードは、音楽などを通じて子供達に愛を届ける事。


それじゃ、被災地の子供達にそんな私達elSOULが出来る事はなんだろう?
今回の大震災で心に傷を負ってしまった子供達に、笑顔と元気、愛を届けられるような事…

「あ、そうだ!!」

曲付きの絵本をプレゼント出来ないだろうか!
ママになったばかりの私には、それを絶対にするべきだと言う確信があった。
その絵本を読んであげる大人も、笑顔になれるような曲付きの絵本!

もちろん、物資も沢山必要だろう。だけど、子供達には、物よりも大事な事がある!その証拠に、発展途上で物は不自由な国でも、笑顔で元気、心が豊かな子供達に沢山会った。
今回の大震災を体験した子供達で大人以上にショックでトラウマになってしまう子も沢山いるかもしれない…。
でも、将来、また今回の大震災を思い出してしまった時に、怖かった事や悲しかった思い出だけじゃなく、絵本をもらった事を思い出してもらえたら、曲を口ずさんでもらえたら、きっと強く乗り越えてくれる手助けになるに違いない!
辛くなった時に、何度でも開いて読んだら元気になれるような絵本と、何度も聞いて頑張ろうと思えるような曲を作りたい!

それが、elSOULとして何かやれる事なんじゃないだろうか!

そう勝手に確信して、なかば強引に、必ずあとのメンバーも理解してくれると強く思い、elSOUL絵本プロジェクトをスタートさせた。

by ★ULEE★保科有理
[PR]
by elsoul | 2011-05-20 19:25 | elSOUL


東京・東海・九州で活動するボランティア団体 elSOULのブログ


by elsoul

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
団体概要
elSOULについて
elSOUL東海
elSOUL東京
elSOUL九州
elSOUL
未分類

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 06月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧