絵本プロジェクト ~気仙沼訪問~

d0187297_13464912.jpg2011年5月28日、エルソウルクルーのマイカとミキ、そしてキョウヘイの3人で絵本とCDを持って、気仙沼へ行ってきました。

まず、最初に訪れたのは気仙沼小学校。読んでいるうちに、大人の方もたくさん集まってきてくれました。

今何が必要ですか?と伺うと「会話、交流だと思う」とのこと。


「だからこそ、こんな風に来てくれて、みんなが集まる機会があると
ここにいる人たち同士の間でもそれをきっかけに話ができるから嬉しいの。
来てくれてありがとう。そして笑顔をありがとう」という言葉を言って頂いて、
わたしたちの方こそ感謝の気持ちでいっぱいになりました。

d0187297_13471669.jpg絵本を読んだ後には、持って行った模造紙にお花と夢を描いてもらいました。

そう、絵本のストーリーと同じ。花畑を作る計画です。










d0187297_13472888.jpgそして、最後には持って行った本を一人一冊プレゼント。

おばあちゃんたちも「孫に読んであげるわ」と喜んでいただきました。










d0187297_13473522.jpg

体育館の中の様子も少しだけレポート。

ファイト新聞という子どもたちが書いた新聞がずらっと掲示されていました。
マンガが描かれていたり、行われたいろんな活動なんかもレポートされていたので、
エルソウルの活動もレポートしてもらえるのかな・・?楽しみです!
d0187297_13474230.jpg

そしてお次は気仙沼中学校。
中学校の前では自衛隊の車が並び、活動をしていて、こんな垂れ幕もかかっていました。
実際に、目にするとどれほど心強いのかというのをひしひしと感じました。

d0187297_13475155.jpg中学校では、一年生のはるなちゃんと五年生のななみちゃんが遊びに来てくれました。













d0187297_134992.jpg二人の絵はとってもユニーク!はるなちゃんが太陽のお花を描いてくれたかと思ったら、ななみちゃんは「花姫(はなひめ)」さまを描いてくれました。

花姫は頭にお花がはえたお姫様で、このお花が自然に栄養素を作りだすので、花姫は何も食べなくても生きていけるのだそう。それを見た、はるなちゃんも花姫さまと仲間たちの絵も描いてくれて、かわいい絵がたくさん増えました!ありがとう。

ななみちゃんはお母さんが迎えに来ていて、「もう行くよ」と何度も言っていたのだけどなかなか描き終えず。「だって明日はいないでしょ」とぽつりと言った言葉が心に響きました・・。

d0187297_13475813.jpgその後は、気仙沼市民会館へ。こちらでは、和室を貸して頂きました!よく走り回る元気な子どもたちが多かったです。













d0187297_1348629.jpgそんな子どもたちは絵を描く時もダイナミック!さらさらさらっとどんどん絵ができあがってきます。

2年生のけいすけ君は映画監督になりたい!のだそう。そんな彼が描く絵は、怪獣やロボットがお花になったものなど独特でした。夢、叶うといいね。






d0187297_13491882.jpg
絵を描いた後は、子どもたちの方から津波の話をし始めました。
「こっちに避難してください。急いでください」と最後まで言っていたお兄さんが流されたときの話。
「大丈夫だから」と言っていたおじいさんや、逆の方向を見ていて波に気付かなかった人の話。

話し出すと子どもたちは止まらなくなり、話を聞いてほしいという欲求も
今、とても強いんだ、というのも感じました。

d0187297_13481640.jpgそして、気仙沼総合体育館へ。ここは今回の訪問で一番大きな避難所です。

女の子たちがたくさん集まってくれました。絵本の読み聞かせも途中からクイズ形式に。「黒い紙と黄色いクレヨンがあったら、何をすると思う?」

「はいはーい、
バナナを描く!」
「ブー。おしいけどね~」
「ハイ!月を描く」
「せいかーい!」
という風に盛り上がりました。

d0187297_13482550.jpg

お絵かきもとても喜んでもらえて、帰るときには「紙もっと置いていって~」と言われ、
新しい模造紙を2枚置いていったほどでした。
大人の方も、最近お菓子を食べられていないというお話だったので、
おまけのお菓子、大人の方にも配らせて頂いたところ、こちらも好評でした。

d0187297_13492798.jpgそして、最後は避難所になっているメンバーらんちゃんのお寺へ。いつもはマイカが読んで終わりの読み聞かせ企画だったのですが、ここでは子どもたちにも読んでもらいました!

子ども達、とっても上手!なるみちゃん、しょうごくん、さくらちゃんの3人が1ページごとに交替して読んでくれたのですが、しょうごくんは1年生。隣でさくらちゃんが教えてくれながら、最後までがんばってくれました。

d0187297_13493475.jpg

それを見ていたおばあちゃんがとっても喜んでくださって、
今必要なのは「読んであげること」ではなく「読んでもらうこと」なのかもしれない、
とも思ったのでした。

撮ったビデオはお送りしますね!

最後にみんなの夢を。
d0187297_13503192.jpg

d0187297_13503989.jpg
d0187297_13504755.jpg
d0187297_13505646.jpg
d0187297_1351493.jpg

d0187297_134835100.jpg

ちょっとでも元気になってもらおう、笑顔になってもらおうと向かった気仙沼でしたが、
実際子どもたちは元気で、笑顔で・・もちろん、そうでない時間もあるとは思いますが、
逆に私たちが与えられること、学ぶことばかりでした。

これをしよう!と意気込んで準備していたことよりも、
現地で考えたり直前で思いついたものこそが喜んでもらえたり。
「被災地だから」と構えてしまうことはいけないなということも今回思った大きなことです。

そして何よりも「これからも続けていくことの大切さ」を感じたので
良かったこと、悪かったこと、もう一度みんなで話して、
これからの活動につなげていけたらと思っています。

現在この紙は、千葉県の小学校に置いてもらい、
子どもたちに花畑を引き続き作ってもらっています。
この日撮った写真は各避難所へ送らせていただきます。

CDは引き続き、一枚600円で発売中。
収益は全額、震災遺児・孤児の支援に充てさせていただいております。

引き続きよろしくお願いします! maika
[PR]
by elsoul | 2011-05-28 22:45 | elSOUL


東京・東海・九州で活動するボランティア団体 elSOULのブログ


by elsoul

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
団体概要
elSOULについて
elSOUL東海
elSOUL東京
elSOUL九州
elSOUL
未分類

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 06月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧