カテゴリ:elSOULについて( 2 )

始まり・・・簡単に・・・ by ULEE 

私ULEEこと保科有理が親友2人と立ち上げて、もうすぐ8年になるelSOUL

まずペルーで出会ったストリートキッズ達との出会いから始まった。
彼らを何とかしてあげたい!
南米から帰ってきたあと、
私がやりたい大きな夢の一つが、そのストリートキッズ達の為の学校を作ること。
それに心から賛同してくれたのが、
その時は女優をやっていた永吉輝美と、
ライター志望の亀田美奈子。
大きなイベントをやって、それの収益金で学校とまでは行かなくても、
何か出来るよね!そう思って、ビーチや代々木公演で野外音楽イベントをやったりもしたけど・・
そんな簡単じゃなかったのねぇ~!甘かった!

そこから、私達が出来る事を考え始めたの。
「今のお金がない私達に何が出来るのか!」
「う~ん・・・」
「海外ばっかりに目を向けがちだけど、実際日本の子供達はどうなんだろう?」
「物には恵まれて、物質的にはとっても裕福だけど、
それに反比例するかのように、心が貧しくなってはないかなぁ。
愛にめぐまれていない子たちも沢山いるから、変な事件が起こったりするんだよねぇ。。」
「愛・・・」
「愛ならあふれるほどあるね!」
「しかも、お金はいらない!笑」
「で、形にして出来る事って何だろう?」
「音楽から勇気や愛をもらう事って沢山あるよね!」
「音楽イベントをやってきた私達だからこそ、これを使うしかないじゃん!」

私達が出来ること=愛と音楽

「どこでやるべきなのかなぁ。」
「児童養護施設はどうだろう?」
今までも、私ULEEがアーティストさんのブッキングを担当してきて、
私の好きな音楽がHIP-HOPを始めとするブラックミュージック。
HIP-HOPにはラップ(MC)、DJ、ダンス、グラフィックと言う
4elementsがあるんだけど、
それらは全て、自分の気持ちや思っている事を表現する為のツールでもあるんだよね。
HIP-HOPやREGGAEなどブラックミュージックは、
抑制されているものや満ち足りてないものなどに対しての反発、。
表現する手段としてもともとは始まった音楽。
それを、児童養護施設の子達にも見てもらって、
何かを感じてもらいたい、表現の方法は色々あるんだな。
って言うキッカケにでもなればいいなぁ。って思って始めました。
施設にいる子達にも、生きていくって言うことに対しての力強さとか感じてもらいたかった。
私も、ちょっと道をはずしそうになった事はあったけど、
音楽でダンスで救われたりしたしね♪
だってさ、若い時ってパワーあるじゃん!
とにかく、そのパワーを出す場所って言うか表現する場所が見つかると
すごく楽になるから、それが音楽だったりダンスだったり絵だったりしたらいいじゃん

まぁ、そんな訳で、結論に辿りついてから、まずは児童養護施設を探し始めたんだけど、
東京には100近くの施設があることに、まずビックリしちゃいました!

そして、その養護施設に一件ずつ電話して気持ちを伝えて、
企画書をFAXして・・・
でも、ここでまた驚いた事に、結構断られるんです・・・
特に、都がやっている施設とかは、
言ったら公務員さんがやっているのかなぁ?
電話越しではあるけど、すごく心がない・・・
なんか断られ方が、なんでだろう?って思う施設もありました。
10件目でやっと一件やらせてもらえる所が見つかって!

そんなこんなで始めてからもう6年!
今は、九州支部と東海支部も出来たし、経験もあるのに、
あまり状況は変わらない・・・
今回も10件位あたって、結局新しい施設では出来ず、前にやらせてもらった施設へ。
同じ児童養護施設でも、働いてくださっているスタッフの人たちによって、
子供たちが生活しやすいだろうなぁ~って思う施設と
そうじゃない施設と色々あるんですよねぇ・・・

アーティストさん達は、本当に足代も出せないような状態なのに、
心良くやってくれて、ほんっとに感謝です

今まで、アーティストさんは、
Def Tech, DJ YUTAKA, ASAMI(元D.O.S), Calyn, Soul Tribe Connection,
369, タカツキ、勝手にしやがれ, 日華、カルテット などなど・・
ダンサーさんは、
アバダ・カポエラ東京 代表の鈴木ゆうじさんと皆さん、
STREET MESSENGERS(KAZU,ABDY)
O'LIONZ(コロール,MICO)
カポエイラ ヘジョナル ジャパォン川口道場の皆さん などなど・・・

わざわざ来てくれてるのにも関わらず、
皆さん、別れ際には
「今日は楽しかったよ。こちらこそ呼んでくれてありがとう。」
などと言ってくれます。
本当にありがたい!!!!!

そんなお互いが心を通わせる事で
そこに愛が生まれ、笑顔になる053.gif

こんなに素晴らしい事ってないですよねぇ!

もっともっと沢山の人が
愛と笑顔であふれますように心から願っています072.gif
[PR]
by elsoul | 2010-12-12 23:29 | elSOULについて

elSOUL History

明けましておめでとうございます。

今年からサイトをリニューアルしたので、
まずはelSOULの自己紹介を!
elSOULってどういう風にしてできてきたのかをざっくりお話します。

    ******

「子ども」と「音楽」をキーワードに活動するボランティア団体elSOULは
今は東京・東海・九州と三か所に拠点を置いていますが、
最初は女性3人だけでスタートしました。(2003年、3月のこと)

そのうちの一人(現・東京本部代表)が南米に行った時に、ストリートキッズたちと触れあい、
帰国後彼らのために何かできないか、と考えたのがきっかけです。
彼女はまず彼らのために学校を建てることを目標として
想いを同じくする友人2人を誘い活動を始めました。

でも、まだ若かったこともあり、
自分の仕事と両立させてそれらをやることはとても難しく、くじけそうになります。

そこで気付いたのが、
「自分自身がちゃんと生活できていてこそ、ボランティアができる。
自分たちにできることをちゃんと見極めていくべきだ」ということ。

海外ばかりに目を向けていたけれど、
果たして国内の子ども達はどうだろうか?
日本国内の子どもたちにだって足りてないことがたくさんあるじゃない!

そこで、学校建設は目標にしながら
国内の子ども達のために何か自分たちができることをやろうということになりました。

それからは、児童養護施設で毎年クリスマスパーティを行うことを主な活動内容とし、
室内イベントでは「STOP AIDS!」の写真展覧会やコンドーム配布(厚生労働省後援)
屋外イベントでは「ゴミ拾いの活動」(環境省後援)などをやってきました。
九州支部ではフェアトレードに関連したイベントもやっています。

     ********

今では全国3か所に拠点を広げ、人数も増えたelSOULですが、
メンバーの想いは代表が最初にelSOULを作った時と何も変わっていません。

子どもたちの笑顔が見たいから。
「本物」と触れた時の感動を、
そしてそこから何か人生を変えるようなヒントをつかんでほしいから。

そんな想いで活動を続けています。

d0187297_20373391.jpg
[PR]
by elsoul | 2008-01-03 20:30 | elSOULについて


東京・東海・九州で活動するボランティア団体 elSOULのブログ


by elsoul

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
団体概要
elSOULについて
elSOUL東海
elSOUL東京
elSOUL九州
elSOUL
未分類

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 06月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧